武井バーナー パープルストーブのゴトク兼ストーブガードを自作!

DIY キャンプtips

t f B! P L

高火力な武井バーナーのパープルストーブですが、いくつか困る点があります。まず、とても高火力なのは良いのですが、長時間運転していると、タンクまで持てないぐらい熱くなります。そのため、安全面では、ストーブガードがあった方が安心です。また、高火力を活かしてストーブの上にケトルなどを置いて湯を沸かしたりしたいですが、構造上ヒーターの上に物を置くことができません。

ガスの噴き出すホヤが乗っている皿状のものがフレームプレート。
この上にヒーターアタッチメントを乗せる構造になっている。

ヒーターは、フレームプレート上に置いてバネで固定しているため、ヒーターの上にゴトクなどを置いて煮炊きをすると、その重量が全てフレームプレートにかかるため、変形したり、最悪は破損したりします。ネットで調べてみると、付属のゴトクを改造したり、自立式のゴトクを自作したりと皆さん色々工夫されています。
そこで、私もゴトク兼ストーブガードを自作してみることにしました。


自作と言っても結構簡単です。木の板にダイソーで売っているメタルラックを組み合わせるだけです。

では、具体的な作り方を解説していきます。

材料

板(36×18cm)×2
蝶番×2
ジョイントラック(30×30cm)×1
ポール(39cm)×4※
ジョイントラック固定部品(4個入)×1
クロームメッキワイヤーネット×2
針金 適量

※501Aの場合は高さが僅かに足りない可能性があります。


以上、板以外は全てダイソーで入手可能です。
板のサイズは正確に36×18cmでなくて大丈夫です。メタルラックが30cmなので、それより一回り大きくなるサイズにするのがポイントです。

作り方

①板2枚を蝶番を使って接続します。


②板に30cmの幅で、ポールの足のネジが入るサイズの穴を空けます。


③ポールの足を差し込み、足とポールで板を挟み込むようにねじ込みます。蝶番で留めた側が地面側になるようにします。


④ジョイントラック固定部品を最上段にはめ込み、ジョイントラックを取り付けます。

写真の固定部品は、落下防止のために養生テープで留めてあります。

⑤クロームメッキワイヤーネットを半分の大きさに金切りのこぎりでカットします。

⑥カットしたワイヤーネットを針金でつなげ、ジョイントラックにも針金でフック状の留めを作り、ワイヤーネットを吊り下げるように固定します。


4枚のワイヤーネットですが、それぞれを針金でつなげて、メタルラックの周りを覆うように取り付けるのがコツです。

前面だけ、ジョイントラックに針金で固定せず、扉のように開閉できるようにします。


扉部分は、側面のワイヤーネットに針金で引っ掛けて留めるようにすると、前から開け閉めができるので、ポンピング時などに便利です。



自作ストーブガードのポイント

  • 折り畳み可能なため、コンパクトに収納できる。
  • 武井バーナーの直径16cmに対して、ガードが30×30cmと余裕のある大きさのため、ストーブの出し入れがしやすく、ポールなどもあまり熱くならない。
  • 子供がいてもストーブガードがあるので、安心して使える。
  • 安定しているので、テント内でも利用可能。
  • 上には、ダッチオーブンなどの重量物も置ける。


固定部品がプラスチック製のため、熱で溶けるのを心配したのですが、全く問題なく使えています。
最上段でラックを固定すると、ヒーターからの距離があるので、お湯はなかなか沸きませんが、保温には丁度良い距離になります。
火力が必要な場合は、固定部品を1~2段下げるとよりヒーターに近くなりますので、調理メインで使いたい場合は下げて使ってください。但し、ポールがラックから突き出るため、大きなクッカーはポールと干渉してしまうのでご注意ください。

作りも単純ですので、DIYが苦手な方も、武井バーナーをお持ちでしたら挑戦してみてください。
意外としっかりしているので、かなり使い勝手は良いはずです。

関連記事

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
沼にハマると抜け出せなくなる性格の40代おっさん。関西出身で現在は東京都在住。嫁と娘の3人家族で年間30泊ほどキャンプに行って飲んだくれている。

このサイトについてのご質問・ご連絡

名前

メール *

メッセージ *

QooQ