2019年度ニトリのアウトドアコーナーが更に進化!?

topics

t f B! P L
近年、ニトリがアウトドアに注力しています。最初は、BBQコンロとスモーカーぐらいだったと思いますが、最近は1コーナー丸ごとアウトドア商品で埋め尽くされているぐらいにまで成長しました。そんなニトリの2019年度商品を、チェックしてきたのでご紹介します。

2020年の新商品についてはこちら


出典:ニトリ
ニトリのWEBサイトでもガーデン&アウトドア特集と題したページがありますが、今年は、シーサイドリビングとグリーンリビングという2つのコーディネートを展開しています。


まず目に入ってきたのが、ソフトクーラーボックスです。Sが1,190円、Lが1,590円でした。フタと底は青の生地でボディの白とのコントラストが良く涼しそうに見えます。


内側はアルミシート仕様で保冷性を高めてありますが、厚みがあまりないので性能的にはそこそこだと思われます。


続いて、「ドリンクジャーセットQ」。コップ4つとジャーのセット商品で、コップをスタッキングしてジャーの中に入れられるアイデア商品です。こういった収納まで考えられている所は、キャンパー向けにツボを押さえているなーと感じます。


私が目を止めたのが、これ、キャンプチェアコーナーです。
左がコールマンの「コンパクトチェア風」、右が「ヘリノックス風」、そして中央はなんとキャプテンスタッグの「リラックスクッションチェア風」です!


いやーパ〇リ商品とは言え良く出来ています。左右の「コンパクトチェア風」「ヘリノックス風」は去年からある商品ですが、中央の「リラックスクッションチェア風」は今年の新商品です。素材はポリエステルですが、クッションも入っていて、本家のキャプテンスタッグ製と比べても遜色ない出来です。ちなみに本家のリラックスクッションチェアについてはこちらをご覧ください。
これで3,990円と、本家のおよそ半額とは驚きです!
「お値段以上ニトリ」おそるべし!
ちなみに、「ヘリノックス風」は、去年も人気商品で、入荷するとすぐに売り切れてしまうほどの人気でした。私も頑張って1脚買いましたが、作りとしてはしっかりした作りで、耐荷重量は記載されていませんが中年太りの私(80kg)が座っても問題ありません。その分重量は1キロオーバーと本家より重く、収納サイズも大きめですが、4,990円と本家の半額以下ですから「お値段以上」間違いなし!?
ちなみに、「コンパクトチェア風」に至っては、サイズはほぼ本家と同じで、座面の高さも28cmと完全に同じ!!
素材もアルミにポリエステルと本家と全く同じで、重量も本家の2.3kgに対して2.1kgとほぼ同じ!!
それでも値段は3,492円と、こちらも本家の約半額!!
ここまでやるとコールマンに訴えられるよ、ニトリさん!?

続いて、こちらも今年の新商品、ティッシュボックスホルダーとトイレットペーパーホルダー。同じデザインで、ペットボトルホルダーもあるのですが、既に売り切れていました。


さて、折り畳みチェアで忘れてはならないのが、ニトリの木製ローチェア。
一見すると、キング・オブ・キャンパーズチェアの名高い「カーミットチェア」に似ています。そして、何と値段は驚異の2,990円!!


カラーバリエーションも、全部で7色と、選びたい放題!


実は、このローチェアには致命的な欠点があります。私は去年これを2脚買ったのですが、どちらもフレームを接合してるボルト付近に節(フシ)があり、そこから割れてきます。1脚は大破、もう一脚もひびが入ったので木工用接着剤で補修しましたがこれも折れそうです。大破したものは、店頭にもっていって事情を説明したら、シーズン終了により在庫が無いため取り換えができず、返品扱いで全額返金されました。


木製フレームの製品ですから、フレームに節があるのは強度的には致命的ですので、品質管理面に不安のある商品と言えます。今年の店頭商品をチェックしたのですが、ボルト付近には節はありませんでしたが、フレームには所々に節が入っているので、強度的には不安が残ります。
あと、この製品は、シート生地が薄く、張りもあまりないので、座っているうちに素材がどんどん伸びて、すぐにヘタってしまいます。
見た目は良いのですが、強度と耐久性の面から、この製品だけはおすすめできません。

さて、今度はベンチシートの紹介です。「アウトドアベンチQ」という商品名で、おそらく今年の新商品と思われます。お値段、3,991円とこちらはまずまずと言ったところでしょう。座り心地は、キャプテンスタッグ等のベンチシートと変わらないので、期待できそうです。


さて、木製折り畳みローラックです。木製ラックは、これまでも2段・3段折り畳みラックなどが販売されていて、キャンプで使っている方もちらほらいました。今年は、1段の横長ラックで、クーラーボックス等の物置だけでなく、ローテーブルとしても使えそうな大きさが魅力です。


構造的には、クロスさせたフレームの上に天板をかぶせるという簡単な構造で、天板も2つ折りにして畳める構造です。
このローラックも、今年のキャンプで流行りそうな気がします。


最早、ニトリのアウトドアコーナーの定番となりつつある、折り畳みBBQコンロも売っています。


カトラリーも色々と新商品が出ていましたが、中でも気になったのが、このランチプレート(599円)とランチョンマット(399円)。キャンプ柄もかわいく、子供が大喜びしそうなグッズです。



今年も期待以上の充実ぶりで、ますますキャンパーの心を掴んで離さないようなグッズがいっぱいなニトリ。
皆さんも是非、ご近所のニトリを覗いてみてください!!

2020年の新商品についてはこちら
今年も充実!2020年ニトリのアウトドアグッズ!

関連記事

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
沼にハマると抜け出せなくなる性格の40代おっさん。関西出身で現在は東京都在住。嫁と娘の3人家族で年間30泊ほどキャンプに行って飲んだくれている。

このサイトについてのご質問・ご連絡

名前

メール *

メッセージ *

QooQ