これで1000円!?ダイソーのホットサンドメーカー

2021年10月8日

topics

t f B! P L
アウトドアグッズが日々充実してきているダイソー。
去年は、メスティンが発売され大きな話題となり、今年は更にサイズが充実しました。
そんな次の一手として(?)、ダイソーが打ち出したのが、ホットサンドメーカーです。

ダイソーのホットサンドメーカー

ホットサンドメーカーは、ホットサンドだけでなく、様々な調理に使えるクッカーとしても注目が集まっており、インスタなどでも様々なレシピが紹介されています。

また販売メーカーも、以前はコールマンやチャムスあたりが定番でしたが、今ではアウトドアブランドだけでなく、アイリスオーヤマなどまで参入してきており、百花繚乱の様を呈しています。
そんな中、遂にダイソーもホットサンドメーカーを発売しました。

ダイソーのホットサンドメーカー

価格は、衝撃の1,000円(税抜き)。
アイリスオーヤマのホットサンドメーカーでも、最安値が1,800円前後ですから、ダイソーの安さが際立っています。

製造元は、今年追加されたメスティン1.5合・3合と同様、サイバートレーディングで、中国製です。最近、ダイソーのアウトドアグッズは、サイバートレーディングの製品が随分増えました。

ダイソーのホットサンドメーカー

本体素材はアルミニウム合金で、フッ素加工が施されています。
重量を計ってみると、462gでしたので、チャムス(490g)やベルモント(500g)に比べれば少し軽い程度で、遜色はありません。

把手はフェノール樹脂で、これは殆どのホットサンドメーカーと同じです。

ダイソーのホットサンドメーカーの把手

把手には、開かないように留めが付いていますが、やや緩い感じがします。使い難い訳ではありませんが、調理中に開かないように多少の注意が必要です。


欠点は、取り外しができないこと。

ダイソーのホットサンドメーカーの接合部

外すことができれば、2枚に分けてグリルパンとして使えるのですが、まあ仕方が無いでしょう。


と言うことで、早速キャンプで使ってみました。

ダイソーとOIGEN(及源)のホットサンドメーカー
左がダイソー、右はOIGEN(及源)の鋳鉄製ホットサンドメーカー。

深さ的には、ホットサンドなら、8枚切りが丁度のサイズです。耳まで入るので、市販の食パンをそのまま使えます。

焼き方は、予熱無しで中火で焼くのがポイント。中身の具材にもよりますが、片面1分半ぐらいが目安です。

具材を多めに入れたり、中までしっかり火を通したい場合は、途中で焼け具合を確認しつつ、1~2分の間隔で繰り返しひっくり返せば、焦げずに焼けます。

こちらは失敗作。ちょっと長めに焼いてしまい、焦げてしまいました。

ダイソーのホットサンドメーカーで作ったホットサンド。中央が丸く焦げている。失敗作。

気を取りなおして、再挑戦。
1枚目で焦がしてしまったことを教訓に、こまめにひっくり返したので、キレイに焼けました。

ダイソーとOIGEN(及源)のホットサンドメーカー
左がダイソー、右がOIGEN

今度は、比較用にとOIGENの南部鉄器製ホットサンドメーカーも同時に使ったのですが、こちらは余熱を怠ったこともあり、中心が丸焦げ(苦笑)。

鋳鉄は、アルミ合金に比べて火の通りが遅い分、しっかり予熱してやらないと、焼きムラが出来てしまいます。その分、蓄熱性は高いので、予熱して使えば全体をコンガリ焼くことができます。

一方、アルミ合金は、熱伝導率に優れるため、予熱無しでもムラなく焼けます。但し、蓄熱性には劣るため、片面2分以上焼いていると焦げてしまいます。ですから、こまめに上下をひっくり返すことで、全体に火を通すことができます。


さて、今度は調理に使います。
先ずは、定番の目玉焼き。

ダイソーのホットサンドメーカーで目玉焼きを焼いている

テフロン加工されていますので、油無しでも殆ど焦げ付きません。
また、ホットサンドメーカーの良さは、そのひっくり返しやすさにありますから、目玉焼きの両面焼きが簡単に作れます。

ホットサンドメーカーで作る「ソーセージと野菜のカレー風味炒め」

こちらは、ソーセージと野菜のカレー風味炒め(玉子入り)。ソーセージを入れて、キャベツと玉ねぎを適当に刻んだものを隙間に適当に入れ、上からカレー粉をかけて最後に卵を割り入れるだけ。

ソーセージと野菜のカレー風味炒め

これだけで、おかずの一品になるので、ホットサンドメーカーの便利さが際立ちます。


以上、キャンプで色々と使ってみましたが、他のホットサンドメーカーと全く遜色なく使うことができました。

確かに、本体が取り外しできないことは欠点ではありますが、フタ付きのスキレットだと思えば、全く問題ありません(笑)。

それに、これで1000円ですから、既にホットサンドメーカーを持っている方も、追加でお一ついかがでしょうか?


関連記事

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
沼にハマると抜け出せなくなる性格の40代おっさん。関西出身で現在は東京都在住。嫁と娘の3人家族で年間30泊ほどキャンプに行って飲んだくれている。

このサイトについてのご質問・ご連絡

名前

メール *

メッセージ *

QooQ