薪ストーブをテントの中で使う方法と注意点

薪ストーブ 雪中キャンプ

t f B! P L

薪ストーブは、様々な暖房器具の中でも最も火力が高く、暖かいストーブです。家庭用の大型の薪ストーブは、1台で家全体を暖めることができるほどの能力を持っている物も少なくありません。
そのため、キャンプでも、テント内で薪ストーブを使えば、たとえ-10度に達するような極寒でも幕内は20度以上に保つことができ、快適に過ごすことができます。

では、薪ストーブはどのような構造になっているのでしょうか。まずは、家庭用の薪ストーブを例にとって、ご説明したいと思います。

薪ストーブの構造について

薪ストーブは、薪を燃やして熱を得る訳ですが、薪から出た熱エネルギーをストーブ全体に蓄熱します。その蓄熱された熱が、薪ストーブ本体から遠赤外線として部屋全体に放射されることで、部屋が暖まります(これを輻射熱といいます)。


また、薪が燃えている最中に出てくる可燃性ガスを燃やすことで更に熱を取り出す2次燃焼という仕組みを持っているものもあり、薪から最大限のエネルギーを取り出す工夫がされています。2次燃焼が十分に行わている場合、煤が少なく、煙突からの排気は無色で、匂いも殆ど無くなります。
これに加えて、最近は対流式と言われる薪ストーブも出てきました。これは、本体の背面などを2重化し、本体下から冷たい空気を取り込んで暖めて前面から出すという機構を備えたストーブです。輻射熱だけでなく、空気をより効率的に暖めることができるため、早く部屋を暖めることができます。

薪ストーブは一酸化炭素に注意する必要がない

実は、多くの人が勘違いしているのが、一酸化炭素についてです。薪ストーブは、煙突から全ての燃焼ガスを排気しますので、テント内に薪ストーブを設置しても、幕内は常にクリーンな状態に保たれます。空気の流れとしては、吸気口から室内の空気(酸素)を取り入れ、燃焼室内で薪を燃やし、二酸化炭素などのガスを煙突から排気します。そのため、薪ストーブ内で一酸化炭素が発生しても、テント内に漏れだすことは無く、中毒の心配をする必要はありません。


唯一の可能性としては、煙突を通って外気が逆流してくる場合ですが、正しく設置していれば逆流することはまずありませんし、たとえ逆流しても扉を閉めていればテント内に煙が入ってくることもありません(詳しくは後述)。
但し、燃焼には酸素を消費しますので、薪ストーブに流入する分(煙突から排気される分)の空気を室外から取り込む必要はあります。家庭用の薪ストーブの場合は、外気を直接取り込むためのポートがある物もあります。

出典:FIRESIDE

さて、当たり前ですが、家庭用の薪ストーブは物凄く大きくて重いので、キャンプでは使えません。薪ストーブの代名詞とも言えるバーモントキャスティングのアンコールというモデルで本体重量が215kgもありますから、クレーン付きの軽トラでも用意しない限り、動かすこともできません(笑)。


そこで、アウトドア向けに作られた薪ストーブを使用することになります。アウトドア向けの薪ストーブは、家庭用に比べてコンパクトで、重量も10~20kg程度です。最近は、折り畳みできるモデルもあり、コンパクト化が進んでいます。

テント内に薪ストーブを設置する時の注意点

薪ストーブを使う時に最も重要なのが、煙突です。薪ストーブの性能を最大限に引き出し、安全に使用するためには、「ドラフト効果」を考える必要があります。ドラフトとは上昇気流のことで、薪ストーブの排煙はこのドラフト効果を上手く使うことが重要になります。
薪ストーブ内で暖められた空気は、上昇気流によって煙突の中を登っていき、幕外に排出されます。そして、排出された空気の量に応じて、薪ストーブの吸気口から新しい新鮮な空気が供給され、薪が燃え続けます。


煙突に曲がりが多いと、曲げ部分で乱気流が起きてドラフト効果が弱まりますし、煙突を真横に引いている部分は上昇気流がそもそも起こりません。ですので、できる限り煙突は垂直に立てるのが良く、やむを得ず曲げる場合も、曲げ角をなるだけ鈍角に、回数も少なくするのがポイントです。

煙突のレイアウトが悪いと、充分なドラフト効果が得られず、吸気が悪くなり不完全燃焼が起こります。不完全燃焼が起こると、燃焼効率が悪いだけでなく、煤などが大量に発生して煙突内にタール状の物(クレオソート)が溜まります。この状態で、薪を追加するなどで扉を開けると、急激に空気が供給されるため、薪ストーブ内で爆発的な燃焼が起こり、煙突内のクレオソートに引火して、煙突火災が発生します。煙突火災は1000度にもなりますので、幕体に引火したりすると火事になってしまいます。
実際には、キャンプで1~2日使った程度では、煙突火災になるまでクレオソートが溜まることは無いと思いますが、少なくとも煙突掃除は行わなければならないので、メンテナンスの手間は増えます。

煙突レイアウトが悪いことで起きるもう一つの問題が、煙突の逆流です。ドラフトが悪いと、煙突から外へ出ていく空気の圧力が弱まります。この状態で風が煙突に流入すると、押し戻された煙が薪ストーブ内に逆流してくることになります。扉を開けていたりすると、逆流してきた煙が幕内に噴き出すので、大変危険な状態になります。

以上のように、ドラフト効果を最大限にするように煙突をレイアウトすることが重要になりますが、ではどのようなレイアウトが良いかをテントのタイプに分けてご説明します。

ティピー型の場合


ティピー型のテントは、薪ストーブから一直線に天井に向かって煙突を設置するのがベストです。薪ストーブも、本体上面から煙突が出ているモデルを選ぶのがベターです。本体横から煙突が出ているモデルは、煙突の重量を曲がっている部分(エビ曲がり)で受け止めるため、場合によっては破損の恐れがあります。
設置位置については、中央ポール付近が良いです。薪ストーブは全ての方向に輻射熱を放射しますから、テント内の端に置くより中央に置く方が、テント全体を暖めることができます。また、煙突も200~300度ぐらいになりますので、できるだけ幕内の距離を長く取ることで、暖房効果が高まります。
煙突ポートがあるモデルは、殆どのテントでこのようなレイアウトになる位置にポートが設置されています。
ノルディスクのアスガルドは煙突ポートがありませんが、後付けでポートを空ける場合は、中央寄りに開ける方が暖房効果が高まりますので検討してみてください。

2ルーム型の場合

通常、2ルーム型の場合は、煙突ポートがありませんので、どこから煙突を出すかが問題になります。一番簡単な方法は、出入口のジッパー部分から出す方法ですが、無理に引き出すと、ドラフト効果が得られずトラブルの元になりますので、慎重に検討する必要があります。
できれば、ティピー同様に、なるだけテント中央寄りに薪ストーブを設置して煙突を垂直に立ち上げるのが良いのですが、この場合は幕体に穴を空けて煙突ポートを自作する必要があります。


出入口などから出す場合は、一旦煙突を真横に出して、幕外でエビ曲がりなどで垂直にする方法が比較的簡単ですが、煙突を曲げることによりドラフト効果が大幅に落ちます。家庭用薪ストーブでは、煙突が4~4.5mの場合、横に曲げる長さは1m以内に押されることが推奨されています。これは、横向きではドラフト効果が得られず、縦方向の煙突内で上昇気流が発生して、それに引っ張られる形で横方向に排煙が流れるという仕組みになるからです。
また、このレイアウトは、煙突の大部分が幕外になるため、煙突が冷却されることでもドラフト効果が下がりますし、クレオソートも溜まりやすくなります。対処方法としては2重煙突にして保温効果を高めるという方法がありますが、かなりの手間がかかりますし値段も高くなります。


解決方法としては、煙突をできるだけ斜めにして、天井付近から幕外に引き出すレイアウトにすることです。真横にするよりはドラフト効果が得られますし、幕外に引き出される煙突の長さも最低限に抑えられるので、安全性を高めることができます。

以上、2ルームの場合は、色々とハードルが高いですが、できないわけでは無いので、煙突レイアウトに注意して設置してもらえればと思います。


薪ストーブの熱からテントを守る方法

既に書いた通り、テント内で薪ストーブを使うにあたって、一酸化炭素中毒に注意する必要はありません。しかし、薪ストーブは高熱を発しますので、充分な防火対策を行う必要があります。

最も高温になるのは煙突です。特に、薪ストーブに近い辺りは高温になりやすく、煙突が真っ赤になっているような状態の場合は、600度を超えている場合もあります。このような高温部分にテント幕が触れれば、化繊のテントであれば一瞬で穴が空きますし、煙突に溶けた化繊が付着し炎上します。このような危険を避けるためには、できるだけテント幕に接触する危険が無いように煙突を設置する必要があります。火に強いコットンでも、幕近くに煙突があると熱が溜まって炎上する危険性がありますので、煙突からの距離には十分注意する必要があります。

煙突ガードを自作する方法

まず、ティピー型の場合は、煙突ポートと接触しないように煙突ガードを設置してください。煙突ガードは、薪ストーブ純正品がベストですが、無い場合は、傘立てで自作する方法があります。


傘立ての底板は、電動ドリルで穴を空け、金切りのこぎりで切り取ります。


煙突を通して、ボルトで固定しています。写真では、ボルトを4方から差し込んで留めていますが、3方からでも留めることはできます。


傘立ては、スチール製のメッシュタイプですので、メッシュの間からボルトを差し込むことができます。内側と外側からワッシャーを挟んでナットで締め付けています。


ボルトは、鉄より熱伝導率が低いステンレスを使っています。




この方法は、ティピ型テントのように、上に煙突を出す場合には適していますが、煙突を横引きする場合は、全く違う対策が必要となります。
通常の煙突ガードは、煙突が縦の状態で使うことを前提に設計されているため、横方向で使用するとほぼ役に立ちません。これは、ドラフト効果と同じで、縦方向であれば煙突ガード内の空気が暖められても上に抜けるため温度は上がりませんが、横だと空気が上昇しないため、熱がこもってガードの意味をなさなくなるためです。結果として、煙突ガードをしていても幕体が燃えることになり大変危険です。斜め方向であればドラフト効果が効きますので、横よりはましですが注意は必要です。
どうしても煙突を横引きする場合は、ガードの直径を煙突直径の2~3倍にして風通しを良くし、熱が幕体付近で滞留しないようにしてください。一番良いのは、木材で長方形のボックスを作って、内側に耐火石膏ボードやケイカル板を張り付けるという方法です。石膏ボードは水に弱いため、雨水などがかかるとふやけてダメになりますが、ケイカル板は水にも強いのでおすすめです。

煙突と耐火ボードの間は10cm以上空ける

横引き煙突との十分なクリアランスを作ることで、煙突からの熱が溜まらないようにします。この方法でも、ボックス内に熱が溜まると低温発火する可能性があるので、使用中も気をつけてください。ボックスの外側から触って暖かいと感じるようだと、長時間使用しているうちに、耐火ボードと木材の間に熱が溜まり、低温発火する恐れがあります。

その他の注意点

薪ストーブの高さは地面から50cmを目安に

薪ストーブの輻射熱は、思った以上に強力です。以前、自宅の庭で薪ストーブを使ったことがあるのですが、ストーブ下に薪を並べていたにも関わらず、芝生が変色して枯れてしまいました。冬とは言え、草が生えているキャンプ場もありますし、地面へのダメージを考慮して、薪ストーブの底面から地面までの距離は50cmを目安に、下には薪などを積んで断熱するように心がけてください。
多くのアウトドア向け薪ストーブは足が短いので、金属製のキャンプテーブルなどの上に置くなど工夫してみてください。


私は、ホームセンターで売っている簀の子を敷いてその上に薪ストーブを置いています。断熱性が高まるだけでなく、薪ストーブをより安定して設置することができるので、特にティピー型テントでお座敷スタイルにする場合はお勧めです。

お座敷スタイルではスパッタシートを使う

フロアシートの上で薪ストーブを使う場合は、スパッタシートを敷いておくことをおすすめします。スパッタシートは、不燃性の生地でできており、溶接などの現場で使われているものです。これを敷いておけば、薪の追加時などに火の粉が落ちても、フロアシートなどに穴が空くのを防いでくれますので、安心して薪ストーブを使うことができます。
難燃シートを使ったこともありますが、熾火が落ちたりしたら1発で穴が空くので、スパッタシートの方がベターです。




以上、長文になりましたが、薪ストーブをテントの中で使う方法と注意点となります。
私も、これまで色々と試行錯誤して今に至りました。
皆さんも、これを参考に薪ストーブに挑戦していただければ幸いです。

関連記事

このブログを検索

自己紹介

自分の写真
沼にハマると抜け出せなくなる性格の40代おっさん。関西出身で現在は東京都在住。嫁と娘の3人家族で年間30泊ほどキャンプに行って飲んだくれている。

このサイトについてのご質問・ご連絡

名前

メール *

メッセージ *

QooQ